簿記の資格を取るなら

簿記の資格を専門学校で取る

簿記の資格取得なら専門学校へ

就職や転職で事務系の職種を探すなら、簿記の資格を持っていると経理部門に配属されることが多いです。一般事務や営業事務よりも、知識が必要となる分野のため、パートや派遣などの時給を見ても、優遇されることがほとんどです。日本商工会議所の簿記検定の3級程度なら、書店で売っている資格試験の参考書を見て勉強し、問題集を多数こなせば、独学でも合格できるレベルには達します。しかし、会社の経理部門として重宝されるのは、そのワンランク上の2級レベルからです。ここからは、なかなか独学で学んで試験に合格するのは厳しいでしょう。専門学校に通って、ちゃんとして指導者に教わった方が、理解力も定着力も違います。受験対策もきちんと指導してくれますよ。

専門学校で高難易度を目指す

資格と言っても難易度は非常に幅広く、1ヶ月程度の学習で取得できるものもあれば、何年かかってもなかなか取得できないものもあります。したがって、もし後者の方を目指すのであれば、専門学校に通うという選択肢もあるのです。どうしても難易度の高い資格に関しては、独学だと理解できないことも多いでしょうし、何よりモチベーションを保つのが難しいのです。しかし、専門学校を利用することで、専門の講師が分かりやすく講義してくれますし、たくさんの受講生がいるのでそれが励みにもなるのです。他にも、自習室が整っていたり、情報がとても充実しているなど、いろんなメリットが得られるのです。

↑PAGE TOP